金融庁となった。

保険制度とは、偶然起きる事故により生じた主に金銭的な損失を想定して、立場が同じ多数の者が少しずつ保険料を出し合い、準備した資金によって不幸にも事故が発生した者に保険金を支給する制度である。
【解説】バブル経済(世界的には金融資産が増えた近代から頻繁に見られている)ってどういうこと?時価資産(不動産や株式など)の市場での取引金額がでたらめな投機により経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。
つまり「失われた10年」→ある国そのもの、またはどこかの地域の経済が約10年程度以上の長期間に及ぶ不況、加えて停滞に見舞われた時代を表す言い回しである。
平成10年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分のセクションを分離・分割して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として金融監督庁という組織を設置 することになったのが現実です。
結局、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を作り、それを適切に運営するためには、恐ろしいほどもちもちすっぽんコラーゲン 効果の、業者が「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が事細かに規定されている。
【解説】デリバティブとは?⇒これまで取り扱われていた金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって生まれた危険性をかいくぐるために生み出された金融商品全体をいい、とくに金融派生商品とも呼ばれる。
よく引き合いに出される「銀行の経営の行く末は信用によって勝者になる、もしくはそこに融資するほど価値があるとは言えないと断定されたことで順調に進まなくなる、二つのうち一つである」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を分離することで、当時の総理府の内部部局ではなく強力な外局として金融監督庁というこれまでになかった組織を設けることになったという流れがあるのです。
【解説】株式の知識。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても株式を手に入れた株主について返済の義務は発生しないと定められている。もうひとつ、株式の換金方法は売却のみである。
簡単!ロイズとは?⇒シティ(ロンドンの金融街)の世界的に有名な保険市場なのです。イギリスの議会による制定法に基づき法人とされた、ブローカーとシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
結局、「重大な違反」、またはそうではないのかは、金融庁で判断するものだ。一般的なケースでは、小粒の違反がわんさとあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」判定するのである。
預金保険機構(1971年設立)が一定額までの預金保護のために支払う補償額(ペイオフ解禁後)は名寄せ、融資の相殺がされた上で、1人あたり普通預金等の1000万円以内(決済用預金は全額)000万円"ということ。預金保険機構は政府及び日銀合わせて民間金融機関全体が3分の1程度ずつ
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務を統合させて西暦1998年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁として改編。さらには平成13年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
1995年に公布された保険業法の規定により、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社または損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、いずれの会社も内閣総理大臣からの免許(監督および規制は金融庁)を受けた者のほかは設立できないという規則。
簡単に知りたい。バブル経済(世界各国で発生している)とは?⇒不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が取引される金額が行き過ぎた投機により経済成長(実際の)を超過しても高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。

広告を非表示にする